健康通販「しずや」担当:清水です☆玄米酵素で酵素を摂ろう!

担当:清水  受付時間 月〜土  9:00〜19:00まで 玄米酵素・芽宝を「ご愛用者価格」で販売中! 健康食品、サプリ、美容商品の通販店です!


当店新着情報当店オススメ商品

健康通販玄米酵素・芽宝(がほう) > 新陳代謝の改善へ

玄米酵素食品の人気は、栄養豊富だからでしょう。

玄米酵素食品(発酵食品)は、素晴らしい栄養素が豊富に入った、総合栄養補助食品にいわれています。
体に良い食品に思われるには、含まれる栄養素の豊富な含有があってこそでしょう。

健康・美容に大きく関係するともいわれて人気の高い、玄米酵素食品について知ってみませんか?

健康、美容に!ある方の体験談から、健康・美容に玄米酵素が必要なワケがここにある!?

薬効に富んだ、健康な食物であることが知られています。

玄米酵素は、薬品ではありません。
普段の食卓を飾る野菜やごはんと同じ食物です。

薬も、食物も根本的な働きは同じでしょう。
体内の細胞に栄養や酵素を補給して、生命活動を維持させる働きです。

違いは、食物は体全体の細胞に働きかける。
薬品は、特定の患部、つまり病気の部分にだけ作用することです。

食物には、薬品の持っている即効性はありません。
例えば、偏食(へんしょく)による病気の場合、軽症ならば不足している栄養を食事で補えば健康は回復する。

重症の場合は、栄養素を高単位に含んだ薬品が必要になる。
薬品によって、栄養のアンバランスが短期間で解消される。

だからといって、病気が完治したわけではない。
薬の力で一時的に健康が回復してもそれは、その場しのぎで、また以前のように偏食を続ければ再発する。

病気を完治するには、食生活を改善して、体質を強化する必要があります。
人間を含む全ての生物には、病気や障害を排除しようとする力”自然治癒力”が備わっている。

病気の原因となる悪性菌が体内に侵入しても、自力でそれを排除できる、強い体力を持っていれば、本当の健康人になれます。

本当の健康体になるために必要なものが、食であるべきでしょう。
食を通して、体に必要な栄養分や酵素を必要量摂取していれば、必ず”健康の証”ともいえる、高い自然治癒力が備わります。

玄米酵素も食物ですので、即効性はありません。

ある程度の期間、摂取を続ける事により、現代人に共通している、栄養バランスの是正や、酵素不足を補い、薬には期待できない、自然治癒力に富んだ強い体質がつくれます。


医薬品だった、玄米酵素。

日本の最高の天然資源である「コージ菌」。
今は工業国日本というイメージがありますが、以前は「五穀豊穣の国(ごこくほうじょうのくに)」といわれていた、農業国でありました。

作物は栄養源として申し分なく、欧米のように肉食をしなくても、副食として山海の幸を取り入れるだけで、十分に健康が保てた。
この大地を支えたのが「コージ菌」です。

コージ菌が、生産する多くのさまざまな酵素により、大地は豊穣になり、豊かな収穫ができ、日本人は作物を通じて、コージ菌からもたらされた酵素をふんだんに摂取することで、健康を維持してきました。

ところが化学の発達とともに、この豊かな自然が守られなくなった。
化学的な人工肥料、農薬など ”不自然な要素”が組み入れられることにより、大地はその豊さを失いました。

化学物質の使用が増えるにつれ、土の中に含まれる微生物や酵素は衰退し、自然界の ”生命のリズム”も破壊されつつあります。

見た目には良い野菜や果物も、豊富な肉や魚も「生命のメカニズム」を支える酵素も、著しく欠乏していると思われます。
そこで、コージ菌による玄米酵素が開発されたのです。

 ⇒「玄米酵素・芽宝(がほう)」の詳しい内容を見る


不自然食品、六白(ろっぱく)。

成人病が蔓延(まんえん)し、“一億総半病人時代”といわれている現代。
厚生省の発表でも、中年男性の肥満者の増加、四十代の高血圧者の急増が指摘されています。

最近では、小学生位の子供でも肥満が多くなっているようです。
白米、精白糖、食塩、白パン、化学調味料、食品添加物これらを六白(ろっぱく)と称するそうですが、いずれも人間の手を加えた“不自然食品”です。

この六白(ろっぱく)が人体に与える影響は、いくつかあるようです。

  • 栄養不足。
  • 代謝障害の原因となる。
  • 血液を酸性化させる。
  • 体の抵抗力、自然治癒力を減退させる。
  • 疲労しやすくなる。
  • 疲労が残り、弱い部分にコリ、痛みを起こす。
  • 全身病として発病しやすい。

この中でも、食品に甘味(あまみ)をつけたり、おいしそうにみせるために色をつける添加物は、最も害を及ぼすといわれる。
添加物が加わったものは、食品に化粧をさせている化学合成薬品です。

毎日少しずつ摂り続けた添加物が体内で蓄積されたり、他の食品に含まれている添加物と一緒になって相乗的な作用を与える場合もある。

酵素の働きも半減される。
くれぐれも気をつけたいものです。


玄米酵素は”万能食”にいわれます。

健康の基本は正しい食生活にあります。
自分の体をかわいがり、正しい食生活を心掛けましょう。

正しい食生活は、どんどん栄養を補給することではないそうです。
体のことを考えてバランス良く色々な栄養素を補給することでしょう。

例えばとして、いくつかお話します。
参考になさってみてはいかがでしょう。

  • 摂取カロリーがあまりオーバーにならないように。
  • 栄養のバランスを考えて、炭水化物・タンパク質・脂肪・ビタミン・ミネラルを万遍(まんべん)なく摂取する。

以前までの日本人の食生活は、欧米人に比べると、非常にバランスがとれていたのですが、最近では肉食中心とする欧米式の食事の普及でかなり偏り(かたより)が出ています。

失われた栄養のバランスを是正する必要があります。
そこで、積極的に酵素を摂取するように心掛けると良いようです。

酵素の働きによって、健康になり、自然治癒力が養われます。
野菜の生産や、調理の場でも化学の手を経ることが多くなり、酵素の持つ恵まれた機能が期待できなくなっています。

そこで、玄米酵素のような多くの酵素を含んだ総合栄養補助食品に期待が持たれているのでしょう。


胃腸病と玄米酵素。

消化器系の病気は、現代では大変多くなっています。
過食(かしょく)が大きな原因といわれる、胃腸病にも玄米酵素はとてもいいです。

それは、玄米酵素の中に含まれている、タンパク質分解酵素の働きによります。
胃炎の原因は、胃の中に含まれている酸のバランスの崩れによります。

酸が多すぎれば、過酸性の胃炎になりますし、酸が少なすぎれば低酸性、または無酸症と呼ばれる胃炎が発症します。

胃炎の人が玄米酵素を食べると、玄米酵素の中に含まれる豊富な消化酵素の働きにより、胃の消化機能を活発にし、胃の中の滞留物(たいりゅうぶつ)をなくし、胃の負担が軽くなります。

さらに、玄米酵素はアルカリ性食品ですので、胃の中の酸性との中和に役立ちます。


肝臓病と玄米酵素。

肝臓の働きは、とても重要に思われることはご存じでしょうか。

  • 人体の新陳代謝を司る非常に重要な器官です。
  • 脂肪の消化吸収に必要な胆汁をつくる。
  • 有毒物に対する解毒作用。
  • 血液の調節をする働き。

肝臓に障害が発生すると、その影響は全身に及びます。
ちなみに、解毒作用が低下すると、アッという間に全身に毒素がまわる。

肝臓病の恐ろしさです。
肝臓の持つさまざまな機能は、酵素によって司られています。

肝臓は、”酵素の宝庫”といわれるほど多くの酵素が、それぞれに与えられた役割を果たしています。
肝臓の機能を回復させるには、酵素の働きをパワーアップしてやれば良いです。

この酵素の働きを助ける力を持った「助ける酵素」といわれるものが、ビタミン、ミネラルです。

玄米酵素には、酵素の他に、ビタミンやミネラルがふんだんに含まれており、肝臓の酵素群の機能を強化することができます。
玄米酵素の中のさまざまな酵素が、弱っている肝機能を助けます。




複合栄養補助食品の芽宝(がほう)をお安くお買上げできます。

→栄養素が豊富に含まれた素晴らしい栄養補助食品の玄米酵素・芽宝(がほう)は3個、6個でだいぶお安くお買上げいただけます!

ご注文の際、お問合せいただければご説明します。

*ご注文以外の「価格」についてのお問い合せには一切応じません。
ご了解ください。